労務トラブルを防ぐには・・・?!

人を雇う・・・ということは、すなわち「他人に対して、賃金を支払う代わりに、自分の指示に従って働いてもらう」という「契約」を交わすことを意味します。

この契約のことを、「労働契約」あるいは「雇用契約」と言います。

 

契約ですから、そこには色々な「約束事」を決めることになります。

労働時間、休日、休暇、賃金、退職、解雇など、あらゆる労働条件を、契約内容に盛り込まなければなりません。

 

労働条件については、労働基準法という法律で、「最低基準」が決められており、これを遵守しない使用者(会社等の事業主など)には、刑罰(懲役・罰金など)が科されます。

労働基準法は、労働分野に於ける「刑法」といえます。

労働基準法の番人として、労働基準監督署という役所があり、そこで働く労働基準監督官には、司法警察員として、逮捕、送検といった「警察官」に準じた権限が与えられています。

 

「労働基準法なんて、守っていたら仕事なんてできない!」 と、うそぶいていると、手痛い目に遭います。

この世の中、法を順守しないと生き残れない・・といっても過言ではありません。

 

とはいっても、現実は厳しいよ・・・と言う声が聞こえてきそうですね。

 

そこで、我々「社会保険労務士」の出番なのです!

 

私共は、労務管理の専門家として中小企業に寄り添い、法令を如何に遵守し、健全に事業を発展させていくか・・・について、日夜研鑽に励んでおります。

 

机上の空論は言いません!!!

会社の労務管理は、百社百様です。

あくまで、現実を踏まえた上で、御社の実情に応じたオリジナルの処方箋を提供させていただきます。

 

どうぞ、お気軽にご相談なさってみてください!

 

初回のご相談は無料です。

特定社会保険労務士モリ事務所・・・☎048-477-9166

               (平日9:00~18:00まで受け付けております。)